男子7人伊豆物語 2017

2017/01/06

湘南のロン毛

松浦です

ちょっと遅くなりましたが、
正月の伊豆旅行の事を書きます

今年で3回目

この写真が2014年なので
僕とジャキさんは4回目になりました

この時も本当に無計画で、
宿もとらず、30過ぎた男2人で、
ローソンの駐車場に車を止め、
朝まで寝たのを覚えています

まだ、いつものメンバーである
豹さんや新井さん
三角や剛さんとは出会ってもおらず、
SNSに疎かった僕は、
「Twitterで見たことある」
くらいの人達でした

間島と僕は10年以上の付き合いで、
間島にジャキさんを紹介しようと
飲みの場を設けたところ
そこに来てくれたのが、
今のメンバーで

その時の写真がこちらです

ほとんど
今と変わってませんw

でも、この日を境に、
僕たちは頻繁に会うようになりました

僕も都内に住んでいたので、
多い時で週に3回くらい
会っていたように思います

働く場所も違えば、
年齢もバラバラ
役職も違うし
何もかもがバラバラ
会っても仕事の話なんかしない
探り合うこともしない
愚痴は言っても、
解決策より笑い話になる

そんな仲間と行く伊豆旅行

毎年同じような宿に泊まり
同じような時間を過ごし
ただただ無計画に過ごす時間は、
自分にとって居心地のいい時間でしかなく
時間の流れに身を任せることが1番楽しい

と言っても、
僕はこういう行事は
1番先に仕切りたい人なので、
7月くらいからスケジュールを組み
宿を予約して、
勝手にテンションを上げている

車内で聞く音楽や、
宿で食べる料理、
出発前の時間管理なんかは、
どうしても仕切りたいんだけど、
30過ぎたおっさん6人を相手にするのは
ほぼ無理で、ここ最近は、
なるようになればそれでいい
と思っています

出発は夜中の2時

運転は毎年僕です

昔、キムタクがテレビで言ってました
「海に行く時に、
車の中でみんなが寝てて、
海について
おい!着いたぞっ!って
みんなを起こすのが好きなんです」
って。

それ以降
行きの車ではハンドルを譲りません

この前、
テレビに映るキムタクを見た娘が
「パパー!!」って叫んだので、
一生この子を愛していこうと
心に誓いました

そんな僕が海について
「ついたよっ!」って、
隣にいるジャキさんを起こし、
撮った写真がこちら

みんなから
「加工だ。加工だ。」
って言われる写真ですが
加工はしてません
僕の心で撮った写真です

外気が寒く、
海面から上がる湯気が幻想的な
こちらの写真は、
Instagramで「11いいね」という
過去最低のいいね数を記録しました

時系列じゃなくなったInstagramは
好きじゃないです。。。

本来の旅の目的はこれです

一年の始まりは、
綺麗な海に入りたい。という想いで、
毎年来るようになりました

サーフィンは、
サーフィンしてる人にしかわからない
不思議な魅力があります

だってこんなに寒いのに
海に入るんだもん

もう、アホか催眠術でしかないです

でもそんなアホが
今年は2人も増えて嬉しかったです

「どんな波に乗ったか」
よりも
「誰と入ったか」
のほうが大切で、
好きな仲間と入った海は、
いつまでたっても忘れることはありません

海上がりは、決まってここ

「千人風呂」

そしてここは
もう何年も何年も通い詰めている

「礒一」

ここでは煮魚定食(金目鯛)
しか食いません

そして毎年もらう
「サザエの壺焼きサービス券」を
翌年には紛失している
というルーティンを繰り返しています

昼過ぎには宿に行き
荷物を置いて
休憩と言いつつ寝ます

「夕日を撮りに行こう」
というジャキさんの意見は
完膚なきまでに無視されてました

夕方に目が覚め 買い出しに行き
僕の真骨頂と言っても過言ではない
「水炊き」を振る舞います

料理ができる漢こそ
かっこいい漢だと信じ込み
自信満々に振る舞った僕の鍋は

「豹さん」→「ひょっちゃん」に改名した
元 豹さん 現 ひょっちゃんの作る
「餃子」と「アヒージョ」に完敗し、
ただ野菜を鍋で煮ただけの扱いになりました

この旅行から帰ってきて、
2回もアヒージョを作ったのは
ここだけの話ですが

ひょっちゃん
僕のレパートリーを増やしてくれて
ありがとう

なぜか毎年恒例になりつつある
「桃鉄」

必ず朝までやります

この歳で
なぜ朝までゲームができるのか
僕には理解ができません。。。

僕とひょっちゃん、剛さんは、
そそくさと寝ました

朝起きたら

本当に徹夜で「桃鉄」してたので
ささっと着替えてサーフィンをして

たっぷりと出汁がでた鍋で
うどんを作りました

寝相が悪い ひょっちゃんは
「朝だよー」とか
「起きてー」とか言っても
ビクともしません

でも彼は、
とても真面目というか
律儀な性格というか
人に迷惑をかけたくない
という思いが強いのか

「ひょっちゃん みんな待ってるよ」

って言うと
飛び跳ねるように起きます

と言っても
また来年まで使うことがないので、
記録として残しておきます

帰りの運転は
決まって剛さん

いつも渋滞がエグいので
昼くらいに出たのに
思ったより早く着きました

帰りにドローンも飛ばしました

みんな興味がないみたいだけど、
空撮と写真を組み合わせた動画は
ぜひ見てみて欲しいです

去年のブログを
見返して見ました

記事には
こう書いてありました


この気持ちは
今も変わっていません

今後も変わることは
ないと思います

いつまでもこのメンバーとは、
アホみたいに笑って
時には真剣に、
んでもやっぱり笑って過ごして
時間の流れに身を任せてもいいような
そんな関係でいたいもんです

一度きりしかない人生

暗く、ジメジメした道を歩くより
明るく笑って過ごしたい

人間だから
苦しいことや辛いこともあるけど、
そんなの長い人生で考えれば一瞬で、
40とか50になった時
そんな話をツマミにして
酒が飲めればいいじゃない

生きていれば、
いろんな人に出会うのは当たり前

でも今 出会ってる人や、
周りにいる人達は、
自分の鏡のような人達で、
明るく光さす方へ進めば
自然とそんな人が集まってくるし、
このメンバーは、
そんな光輝く自慢の親友です

今年も色々あるかもだけど、
来年の正月、
また酒飲んで笑えるように
今年も全力で楽しみます

長くなりましたが、
これでおしまいです!

仲間のブログは
いろんな観点から書かれていて、
本当に面白いので、
ぜひ見てみて下さい!

三角

あけましておめでとうございます! MY hair design 三角祐太です。 三年前から始まりました おじセブンといく伊豆ツアーズ 通称 : 男子7人伊豆物語 いよいよ今年もやっ...

ひょっちゃん

おっさんとドローンと「何しに行ったの?」な恒例旅行こんにちは。air-GINZAの「ひょっちゃん」です。5年ぐらい「豹さん」と呼ばれていたのが、なんだか今年に入ってか...

新井さん

ジャキさん

剛さん

では!

湘南 片瀬江ノ島
「Arouse by afloat」 松浦裕哉

ご予約は こちらから

【ホットペッパービューティー】アローズ(Arouse by afloat Sea side)の美容師・スタイリスト:松浦 裕哉さんをご紹介。

”藤沢市片瀬海岸2-18-21”

↑クリックすると
GoogleMapが開きます

The following two tabs change content below.
湘南「Arouse by afloat』代表 独自の小顔理論を持ち とにかく顔が小さく見えるカットにこだわっています。 幅の広い技術力でお客様のライフスタイルを トータル的にプロデュースさせて頂きます。

-日々のこと