ボブの日

2017/01/16

湘南「Arouse by afloat」

松浦です

すいません

「ボブの日」とか
調子乗ったタイトルですが、
思い返せば、本日、
ボブに切ったお客様は4名しかおらず、
しかも、2名しか写真を撮ってません

代わりと言ってはアレですが、
超絶可愛い娘の写真を貼っとくので、
ぜひお納め下さい

かの有名な
「テアトルアカデミー」
から4回ほど封筒が届いた自慢の娘です

まぁ知らんけど

初めてご来店して下さった、
ロングのお客様

クセが強く、広がるため、
今までの担当美容師さんが
切ってくれなかった。とのこと

これね、本当によく聞くんです

「美容師さんが切ってくれなかった」

髪の毛の状態で、
パーマや縮毛矯正、ブリーチなどが、
できないのは理解できますが、
この「切ってくれなかった」っていうのだけは
本当に理解ができません

髪質なのか、お店の状況なのか、
それともカットに自信がないのか

なぜ切れる方法を探さないの?

クセや広がるのはわかる

誰でも悩みはある

でもそんな悩みやクセと、
うまく付き合うように
「手助け」してあげるのが僕らの仕事だし、
これは僕たちにしかできない仕事だ。

最善を尽くしてダメならしょうがない

でもハナっから「切れない」って
決めつけるのは、
美容師のエゴでありナンセンスだ

あっ、すいません

ムキになっちゃいました

アフターは
こちらです

これ、乾かしただけです

ほんの少し 乾かし方のコツを掴むだけで、
普段のお手入れがかなりラクになります

前回切って下さった美容師さんに
ぜひご覧頂きたいです

はい

こちらも、
初めて来て下さったお客様

「少し柔らかいイメージで」
という要望だったので

ふんわりと軽いボブにさせて頂きました

僕は、バッサリ切る方や、
スタイルを変える方には、
「なぜ切りたいのか?」という理由を聞きます

なぜなら、
その「切りたい理由」に、
「なりたい女性像」のヒントがあるからです

「彼氏に切って欲しいと言われた」

「上司に切ってこいと言われた」

これだけでも
スタイルはガラッと変わります

男性からみた可愛いスタイル
上司から見た仕事ができそうなスタイル

いろんなことを考え、
それを形にするのは
本当に楽しいし、
やりがいがあります

毎日ワクワクしないとね

では

湘南 片瀬江ノ島
「Arouse by afloat」 松浦裕哉

ご予約は こちらから

【ホットペッパービューティー】アローズ(Arouse by afloat Sea side)の美容師・スタイリスト:松浦 裕哉さんをご紹介。

”藤沢市片瀬海岸2-18-21”

↑クリックすると
GoogleMapが開きます

The following two tabs change content below.
湘南「Arouse by afloat』代表 独自の小顔理論を持ち とにかく顔が小さく見えるカットにこだわっています。 幅の広い技術力でお客様のライフスタイルを トータル的にプロデュースさせて頂きます。

最新記事 by 松浦 裕哉 (全て見る)

-日々のこと